日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020
ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス

アートへの新しい入り口が開かれる!5日限りのサーカス

会期:2018年9月13日(木)から9月17日月曜日まで

[会場]渋谷ヒカリエ 8/COURT (入場料無料)
[開館時間]11:00〜20:00 / 会期中無休

プレスリリース

下記より展覧会のプレスリリースがダウンロードできます。

ダウンロード

Message(メッセージ)

開催にあたって

この度、日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)は『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を開催いたします。本企画は、日本財団と渋谷区が共催で行う『SOCIAL INNOVATION WEEK Shibuya(ソーシャル・イノベーション・ウィーク・シブヤ)』の開催とあわせ、日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSが主催する、2020年度に向けた展覧会の幕開けとして実施するものです。

7名の作家によるアート作品が顔はめパネルへと姿を変えたり、動物のような什器に展示されたり、サーカスのように不思議で賑やかな空間で、新たなアートとの出合いをお楽しみください。また、関連プログラムとして幅広い分野からゲストを招き、アートがもつ可能性や多様な社会のあり方について考えを巡らせます。きっと新たなヒントが見つかる機会になることでしょう。世代やコミュニティ、専門性や領域をこえて、あらゆる人が参加する5日限りのサーカスにぜひお越しください。

2020年の展覧会にむけて

Artists(出展作家)

展示作家

ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカスでは、福祉施設やアトリエ、個人宅やスタジオなど、さまざまな制作環境から生み出された、作家による作品と、それらを体験できる顔はめパネルの展示などから、賑やかに構成されています。

展示作家:川内理香子、小松和子、清水千秋、ピーター・マクドナルド、古谷秀男、竜之介、渡邊義紘

川内理香子 / always? ©Rikako KAWAUCHI, courtesy of WAITINGROOM
小松和子 / かえるのともだち 撮影:木奥恵三
清水千秋 / 三代目 J Soul Brothers 撮影:木奥恵三
ピーター・マクドナルド / Orange Egghug
竜之介 / 熊と一緒 撮影:木奥恵三
渡邊義紘 / 折り葉の動物たち 撮影:木奥恵三

Programs(プログラム)

関連プログラム

Coming Soon

ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカスでは、トークセッション『DIVE DIVERSITY SESSION(ダイブ・ダイバーシティ・セッション)』やイベント、作家による制作パフォーマンスなど、会期中を通して様々なプログラムを予定しております。詳細は追って公開いたしますので、今しばらくお待ちください。

Point(この展覧会の見どころ)

本展のみどころ

※ 画像はイメージです。

アートの中に入ろう!
写真を撮って楽しめる参加型のアート展!

会場構成のコンセプトは「サーカス」。カラフルな会場デザインや来場者が展示の一部として参加できる様々なスタイルのユニークな顔はめパネルの展示を予定。子どもから大人まで多くの方々にお楽しみいただける、思わず中に入りたくなるようなワクワク・ドキドキの楽しい空間が広がります。

遊び心のあるにぎやかな会場で作品を鑑賞するだけでなく、この会場でしか体感できない思い出も残していただけます。

ハッシュタグを付けた写真を投稿して
サーカスを盛り上げよう!

Access(アクセス)

渋谷ヒカリエ8/COURT(入場料無料)
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 8階

渋谷ヒカリエ8/COURT(入場料無料)

〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 8階

東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線
「渋谷駅」15番出口直結

JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線
「渋谷駅」と2F連絡通路で直結


会場周辺のバリア情報

Bmapsビーマップでは会場周辺のバリア情報をご確認いただけます。
坂道、おみせの入り口の段差、店内設備・特徴などをご案内します。

About us(私たちについて)

日本財団DIVERSITY IN THE ARTSとは

誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、日本財団は障害者に関わる事業に多角的に取り組んでいます。そのひとつである「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダンダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」は、アートを通して多様性の意義と価値を広く伝え、越境を導くため、多くの人々が参加者となり、新たな担い手や企てが生まれるよう、東京オリンピック、パラリンピックが開催される2020年に続く未来に向けて展開するプロジェクトです。

サイトトップへ


2017 年に開催した
ミュージアムオブトゥギャザー展

「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」は、2017年10月、東京のスパイラルガーデンにて、当プロジェクトとして開催した初の企画展です。

多くの鑑賞者にひらかれた展覧会として、誰でも楽しく、居心地よく過ごせる環境を目指した本展では、障害のある作家や現代美術家、また香取慎吾さんを含む23組の作家による作品、アーカイブ資料や模型など、約500点を展示し、19日間の会期中に約4万人が来場しました。アクセシビリティに配慮した会場づくりに力を入れ、スロープを設けるなど、会場の既存の空間を使いつつ、アクセシブルな展示を実現させ、さまざまな視点や感覚で展覧会を楽しめる工夫をこらしました。

展覧会レポートを読む

Credit

クレジット

主催:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS /
特別協力:渋谷区 /
後援:一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会 /
監修:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

キュレーション:ロジャー・マクドナルド、塩見有子/[AIT/エイト] /
会場デザイン:長岡 勉/POINT /
施工・デザイン協力:アラキ+ササキアーキテクツ /
展覧会グラフィック:岡本 健/岡本健デザイン事務所 /
ラーニング協力:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン

協力:社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房、WAITINGROOM、一般財団法人たんぽぽの家、社会福祉法人わたぼうしの会、アトリエ・エー、社会福祉法人大和会 大和高原太陽の家(順不同)

Contact

お問い合わせ

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-6 神保町サンビルディング4階
一般財団法人 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
TEL:03-5577-6627 FAX:03-5577-6628
MAIL:moto@diversity-in-the-arts.jp 平日9:00-17:00