日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展
ミュージアム・オブ・トゥギャザー

会期:2017年10月13日(金)から10月31日火曜日まで

アウトサイダーアートと現代アート、
22の異世界をめぐるアート体験
どんな人にもひらかれた、アクセシブルな美術館

[会場]スパイラルガーデン(スパイラル1F)
[開館時間]11:00〜20:00
[入場料]無料 / 会期中無休
※ 10月13日(金)は18:00まで

プレスリリース

下記より展覧会のプレスリリースがダウンロードできます。

ダウンロード

Message(メッセージ)

キュレーターズメッセージ

「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展は、22の作家による作品と、資料や模型などのアーカイブから構成する期間限定の美術館です。この展覧会に参加している作家たちは、それぞれにまったく異なる環境で生活をし、一人ひとり異なる感情や考えのなかで制作を続けています。この多種多様な作家たちを結びつけているものは何かと言えば、「つくりたい」という欲求。身体のなかからどうしようもなくわき起こって、何かをつくらずにはいられないような、自我を超えた行為です。アートとは、絶望や快楽、孤独や欲望、そして変性意識状態など、つくり手の内面をただよう激しい感情のゆらぎのなかから生まれているのです。

そこで、この展覧会では、アートを心理的あるいは精神的に安定した状態を生み出し、その状態を維持するための能動的な道具であると捉えてみることにしました。これは、いわゆる“アウトサイダー・アート”や“アール・ブリュット”という言葉で括られる作家のことだけを言っているのではありません。古来の宗教芸術から、近・現代までのあらゆるアート表現に共通してみることのできる、はっきりとした輪郭を現すことのない「スピリチュアリティ(精神世界)」。それこそが、あらゆる芸術表現の根底に横たわっているものだと考えているのです。そして、この“道具としてのアート”は、作家だけに限ったものでもありません。作品を注意深く鑑賞していくと、さまざまな感覚や欲求が自分の内側から自然と生まれてくるという体験を得る人もいるでしょう。この展覧会では、会場構成などいたるところに鑑賞者が能動的に展覧会に参加できる工夫をこらしました。

アートファンのみならず、こうした場に足を運ぶことを躊躇してしまう方たちにも鑑賞に来ていただける展覧会にするには、どんな新しいチャレンジが必要なのか。企画のはじまる段階から視覚障害のある方、聴覚障害のある方、車椅子の方など、当事者の方たちと意見交換をしながら議論を重ね、検証してきました。会場のデザインやアクセス・アート・プログラムなどを通して作り手の世界へと入り込み、より多くの鑑賞者の心のなかで作品同士が共鳴し、関係を結び合う。道具としてのアートの実験に、みなさんもぜひ参加してみてください。

(キュレーター)ロジャー・マクドナルド / 塩見有子


ごあいさつ

日本財団は、個性に寛容でインクルーシブな社会の実現を目指し、「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン・ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」として、障害者のアート活動を中心に据えて、多様性の意義と価値を広く伝え、越境交錯交歓喚起を導くプロジェクトに取り組んでいます。

作品の収蔵​や作品貸出、展覧会やフォーラム等の開催、ウェブサイトや紙媒体を通じた積極的​な情報発信などの多彩な​取り組みを通して、多くの人々が参加者となり、さらなる新たな担い手や企てが生まれるよう、東京オリンピック、パラリンピックが行われる2020年に向けて、複数の企画を開催していきます。

本展覧会「Museum of Together(ミュージアム・オブ・トゥギャザー)」は、​「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS」として開催する初の企画展です。多様な立場からそれぞれの専門性、考え方をもつ展覧会チームを編成し、議論を重ねながら準備を進めてきました。本展覧会が、新たな出会いの機会となり、多くの方々に関心や気付きをもたらし、楽しんでいただけましたら誠に幸いです。


Feature

展覧会におけるアクセシビリティ

本展では、多くの鑑賞者にひらかれた展覧会を目指して、どなたでも楽しく、居心地よく過ごしていただけるような環境づくりに取り組んでいます。何か困ったときにお手伝いできるよう、スタッフが常駐する「ウェルカム・ポイント」や、照明を落とした静かに過ごせる部屋「クワイエット・ルーム」、音声を通して作品を知ることのできる「オーディオ・ディスクリプション」、より多くの人がアクセスできる会場デザインとして、階段部分には勾配を意識したスロープなど、さまざまにご用意しています。

会場をGoogleマップで見る



1 ウェルカム・ポイント

開催期間中、何か困ったときにお手伝いできるよう、スタッフが常駐する総合案内カウンターを設置しています。歩行に困難がある方、視覚に障害がある方、聴覚に障害がある方だけでなく、ご来場いただくさまざまな方のニーズに応じて、会場やサービスのご案内をさせていただきます。

MOTOスタッフ
特別な研修を受けたスタッフが会場のご案内や作品鑑賞をサポートします。

触れる模型
ウェルカム・ポイントにて、触ることのできる展示会場の立体模型をご用意しています。

オーディオ・ディスクリプション
キュレーターが、より詳しく作品を解説するオーディオ・ディスクリプションをご用意しています。

2 展示作品

さまざまな制作環境から生み出される22の作家による作品と、資料や模型などを一緒に展示することで、新たな関係性を導き出します。

3 クワイエット・ルーム

本展では、展示会場内に静かに過ごせる部屋を設けています。気分を落ち着かせたい、気分が悪くなった、体調がおもわしくないなど、必要時は遠慮せずにスタッフへお声がけください。

4 会場内の段差について

開催期間中、通常では階段のあるM2階のエスプラナードに、勾配を意識したスロープを設置します。

5 フードプログラム

スパイラルカフェ(スパイラル1F)にて、本展の特別フードメニューをお楽しみいただけます。


Artists(出展作家)

ミュージアム・オブ・トゥギャザー展は、福祉施設やアトリエ、個人宅やスタジオなど、さまざまな制作環境から生み出される、22の作家による作品と、資料や模型などのアーカイブから構成されています。


Programs(プログラム)

本展開催期間中、参加型ワークショップやギャラリーツアーなど、作品を楽しむためのプログラムはもちろん、スパイラルカフェ(1F)での特別フードメニューの提供や関連フォーラムなど、さまざまなプログラムをご用意しています。また、より多くの方に展覧会を楽しんでもらえるよう、静かな環境で鑑賞いただける特別な時間、クワイエットアワーも実施予定です。

アクセス・アート・プログラム

アクセス・アート・プログラムは、あなたと、この展覧会に集まった作品たちとをつなぎます。展覧会という場で作品を通してさまざまな人と出会い、誰もが自由に気軽に感じた何かを表現する。すべての人がアートにアクセスするための鑑賞プログラムです。

① 聞こえない人とつくる
「対話」をテーマにしたワークショップ

音声、手話、筆談など、さまざまなコミュニケーション方法で、作品や展覧会について感じたこと、考えたことを伝え合うプログラムです。本展のキュレーターも参加します。

日時
10月14日(土)14:00~16:00
10月27日(金)18:00~20:00
会場
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
対象
障害の有無に関わらず、どなたでも参加可能です。
定員
各回10名
参加費
無料
② 視覚障害者とつくる
美術鑑賞ワークショップ

障害の有無、見え方、考え方などさまざまな違いを持った人が、「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展を鑑賞し、作品や空間について「見えていること」と「見えていないこと」を言葉にしながら印象や考えを語り合う約2時間のプログラムです。

日時
10月15日(日)14:00~16:00
10月18日(水)18:00~20:00
会場
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
対象
障害の有無に関わらず、どなたでも参加可能です。
定員
各回14名
参加費
無料

※①②については、申込者多数の場合、9月22日(金)の申込み締切り後に抽選し、その結果を9月27日(水)以降にお知らせします。

③ クワイエットアワーを利用してみよう!

おもに知的障害のある方、発達障害のある方、精神障害のある方のうち、知覚過敏のある方を対象とした、開館時間外に一定時間を解放する特別な鑑賞時間です。

日時
10月17日(火)9:00~11:00
10月24日(火)9:00~11:00
会場
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
対象
できる限り照明の明るさを落とし、館内の音響を下げた静かな会場で鑑賞したい方、どなたでも参加可能です。
定員
各日30名(申込み先着順)
参加費
無料
④ 知的障害、発達障害、精神障害のある人と考えよう!展覧会のたのしみ方
日時
10 月24 日(火)15:00~17:00
会場
スパイラルカフェ(スパイラル1F)
対象
知的障害、発達障害、精神障害のある人、テーマに関心のある文化事業に従事する方。
定員
10名
参加費
ワンドリンクまたはフード料金をお支払いください。

プログラムのお申し込みはこちら

フードプログラム

青山に秋をおもう

展覧会会期中、スパイラルカフェにて「Museum of Together展」の特別フードメニューをお楽しみいただけます。本展が開催される青山の地を架空の“青い山”に見立て、香りや風味、音や食感から、空想の青い山の森のなかを散策するような、アート鑑賞のあとのもう一つの体験をご用意しました。メニュー構成は、料理を野村友里さん、菓子を長田佳子さんが担当。食べること、料理をすることを大切にされている視覚障害者の半田こづえさん、松本明子さんとの対話から生まれるさまざまなインスピレーションをもとに、物語を紡ぐようにレシピを制作しました。「作家、鑑賞者、さまざまな立場の人たちが混ざりあう美術館」という本展覧会のコンセプトになぞらえ、料理、菓子ともに、お皿の上で大胆に混ぜ合わせることで一口ごとに発見のあるレシピとなっています。


FOOD
ランチセット:1,380円(1日限定15食)
12:00~15:00
秋の空に白く浮かぶ雲のようなスープ
まるい月と火をかこむ、きのこのライスボウル

DESERT
デザート:800円 / ドリンクセット:1,280円(1日限定20食)
11:00~22:30(セット:平日15:00~ / 休日終日)
樹々に実る色とりどりの果実とメレンゲ

使用している食材をご確認いただけます。
こちらをクリックしてください。

※使用する食材は、流通等の諸事情により変更となる場合がございます。
アレルギーをお持ちの方は、ご注文の際にレストランスタッフまでお問い合わせください。


レストランのご利用について

・車椅子、ベビーカーで入店の際はスロープをご利用ください。
・補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)は同伴入店していただけます。
・点字メニュー・筆談ボードをご用意しています。必要な際には、お申し付け下さい。
・普段お使いのスプーン、フォークなどの自助具をお持ち込みいただけます。
このほか、展覧会事務局およびウェルカム・ポイントまで、お気軽にお問い合わせください。


野村友里さんの写真

野村友里
フードディレクター、フードクリエイティブチーム「eatrip」主宰

長年おもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。母からゆずり受けた、日本の四季折々を表す料理やしつらえ、客人をもてなす心、をベースに食を通じてさまざまな角度から人や場所、ものを繋げ、広げている。1998年渡英。その後いくつかのレストランを経験し、2010年には世界的に評価の高いアメリカ・バークレーのオーガニックレストラン「シェ・パニース」のキッチンで経験を積む。主な活動として、レセプションパーティなどのケータリングフードの演出や、料理教室、雑誌の連載、ラジオ番組、TVやCMのフードディレクション等。2012年東京原宿に、豊かな緑と光と風に恵まれた「restaurant eatrip」をオープン。生産者、野生、旬を尊重し、料理を通じて今後も食のもつ力、豊かさ、美味しさを伝えられたら、と活動を続けている。初の監督作品となる食のドキュメンタリー映画『eatrip』は2009年公開、現在はDVD化され販売中。著書に『eatlip gift』(マガジンハウス)がある。http://www.babajiji.com/

長田佳子さんの写真

長田佳子
菓子研究家、「foodremedies」主宰

三重県出身。レストラン、パティスリーなどで修行を積み、「大地を守る会」のカフェにてキッチンシェフを務める。その後独立し、友人とギフト専門の焼き菓子店をオープン。ファッションブランド「YAECA」の「PLANE BAKERY」にてスイーツの開発・製造担当を経て、現在は店舗を構えず「foodremedies」(フードレメディ)という屋号で、お菓子教室や出張形式での喫茶イベントなどに取り組んでいる。”レメディ”とは癒し、や治療するという意味。
ハーブやスパイスなどを使い、香りや食感から、まるでアロマが広がるような、なるべく体に素直に美味しいと感じられるお菓子を日々研究中。2016年秋に初のレシピ本『foodremediesのお菓子』を出版。

半田こづえさんの写真

半田こづえ

北海道生まれ。幼少期に、癌治療の後遺症で全盲に。料理上手だった母の傍らで、素材のことや料理の仕方を教わり、料理が好きになる。そのおかげで、結婚して家庭を持つようになってからも、家族のために料理やお菓子、パン作りを楽しみながら続けてきた。
国際基督教大学教養学部卒業。1987年、フィラデルフィア美術館の教育学部にインターンとして入社。その後、筑波大学大学院人間総合化学研究科博士課程単位取得後退学。筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター勤務を経て、現在、明治学院大学社会学部にて非常勤講師を務める。

松本晶子さんの写真

松本晶子

愛知県生まれ。先天性の緑内障のため、弱視から徐々に視力が低下し、20歳で両眼全盲となる。図書館や視覚障害者のデイケアセンターに勤務したのち、2004年より、日本点字図書館に入社。点字図書と、そのほか出版物の校正の仕事に携わっており、企業や学校での点字啓発活動にも力を入れている。現在、同じく全盲の夫と、7歳の長男、4歳の長女と4人暮らし。子どもたちが毎日元気に楽しく食卓を囲めるように、食材にこだわって国産のものを使い、料理に腕をふるっている。


Access(アクセス)

スパイラルガーデン
〒107-0062 東京都港区南青山5−6−23

会場
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
会場
東京都港区南青山5-6-23

会場周辺のバリア情報

Bmapsビーマップでは会場周辺のバリア情報をご確認いただけます。
坂道、おみせの入り口の段差、店内設備・特徴などをご案内します。

渋谷
方面から
青山通り(国道246号線)を赤坂方面へ。
右手に青山学院大学を見ながら直進、
表参道交差点を引き返し左手すぐ。
赤坂
方面から
青山通り(国道246号線)を渋谷方面へ。
表参道交差点を過ぎて左手すぐ。
原宿
方面から
表参道を霞ヶ関方面へ。
表参道交差点を右折し、
左手すぐ。

スパイラルパーキング(駐車場)のご案内

営業時間:8:00~23:00
TEL:03-3498-1197
料金:¥400/30分 ¥2,000/1日 ※1
駐車台数:58台 ※2
※1 1日料金は機械式に入庫可能な車に限る
※2 57台+1台(お身体の不自由なお客様優先)

駐車場入口の写真

・お身体の不自由なお客様優先の駐車スペースを建物入口の1番近いところに1台分をご用意しています。
・一般車両用駐車場は57台分のご用意がございます。
・高さ2300mm以下の車両がご利用可能です。

優先駐車場の写真

機械式駐車場
駐車可能車両サイズ:全長5050mm×幅1850mm×高さ1550mm
重量:1900kg

お電話でのご予約が可能です。
駐車場のご予約はこちらへ:03-3498-1197(受付時間8:00~23:00)

機械式駐車場の写真
表参道駅
から
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線
「表参道駅」
B1出入口前、もしくは
B3出入口より渋谷方向へ徒歩1分。
※B3出口にはエレベーター・エスカレーターがあります。

○改札外エレベーター
青山学院、青山通り方面改札~B3出入口にあります。

改札外エレベーターの写真

◯改札外エスカレーター
青山学院、青山通り方面改札~B3出入口にあります。

改札外エスカレーターの写真

◯駅の多目的トイレ
表参道駅・青山学院方面改札外、B4出入口付近コンコースにあります。
身体の不自由な方や乳幼児をお連れの方などが利用しやすいように、スペースを広く取り、手すり、ベビーシート、オストメイト水洗装置などを備えています。
詳細はこちら

駅の多目的トイレの写真

Facilities設備

設備・備品

○多目的トイレ
・2階スパイラルマーケット内に1箇所あります。
・オストメイト機能はありません。会場外では、表参道駅・青山学院方面改札外、B4出入口付近コンコースにあります。
・お子様用いす(ベビーキープ)があります。
・多目的トイレの入口にオムツ替えシートがあります。

多目的トイレ内の写真

○車いす貸出
展覧会受付(ウェルカム・ポイント)に1台ご用意してあります。ご利用を希望される方は、お申し出ください。

○車いす対応エレベーター
館内2台のエレベーターのうち1台が車いす優先のエレベーターです。ドア幅1000mm×奥行1500mmとなります。このサイズでは利用が難しいと予想されるお客様は可能な範囲で対応させていただきますので、あらかじめご相談ください。

車いす対応エレベーターの写真

○盲導犬・聴導犬・介助犬
お連れになったお客様とともに通常どおりご入館いただけます。

盲導犬・聴導犬・介助犬 同伴可能マーク

○休憩スペース
会場内に椅子などをご用意しています。

○お子様連れのお客様
・授乳室は6階に1箇所あります。
・2階の多目的トイレ内にお子様用いす(ベビーキープ)があります。
・オムツ替えシートは2階のスパイラルマーケットのトイレ入口もしくは6階女子トイレ内の2箇所にあります。
※誠に恐れ入りますが、男性のお客様は2階をご利用ください

授乳室の写真

○その他
・施設内に冷水機、自動販売機はありません。スパイラルカフェ(1F)を是非ご利用ください。
・コインロッカーはありません。貴重品をのぞく大きなお荷物はウェルカム・ポイントにてお預かりします。


Credit

クレジット

主催: 日本財団 /
制作:一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS /
監修:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト] /
企画協力:スパイラル /
会場協力:株式会社ワコールアートセンター

キュレーター:ロジャー・マクドナルド、塩見有子 [AIT/ エイト] /
会場構成:アトリエ・ワン /
展覧会グラフィック:橋詰 宗 /
エディトリアル:石田エリ /
ラーニング企画・運営:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン /
ラーニング協力: /
視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ、美術と手話プロジェクト、森美術館

参加作家:青山 悟、占部史人、Emi、川内理香子、クリスチャン・ヒダカ、 小松和子、清水千秋、清水ちはる、土屋信子、土屋正彦、寺口さやか、ピーター・マクドナルド、 藤岡祐機、古谷秀男、堀江佳世、松永 直、水内正隆、みずのき絵画教室、森 雅樹、八島孝一、竜之介、渡邊義紘

展覧会特別フードメニュー:野村友里(eatrip)、長田佳子(foodremedies)

リサーチ・キュレーターズ:赤荻 徹(アトリエ・エー)、大内 郁(アーツカウンシル新潟)、岡部兼芳(はじまりの美術館)、岡部太郎(たんぽぽの家)、奥山理子(みずのき美術館)、千葉真利、津口在五(鞆の津ミュージアム)、松本志帆子(藁工ミュージアム)、森岡督行(森岡書店)、山下完和(やまなみ工房)

協力:MIZUMA ART GALLERY、社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房、GALLERY SIDE 2、WAITINGROOM、一般財団法人たんぽぽの家、社会福祉法人わたぼうしの会、アトリエ・エー、SCAI THE BATHHOUSE、広島県立広島中央特別支援学校、株式会社愉快 studio COOCA、社会福祉法人大和会 大和高原太陽の家、社会福祉法人パレット会 パレットたつの、みずのき美術館(順不同)


Contact

お問い合わせ

展覧会に関するお問い合わせ
ミュージアム・オブ・トゥギャザー展 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-3 翔和内神田ビル7階
一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS内
TEL:03-5577-6750 FAX:03-5577-6628
MAIL:moto@diversity-in-the-arts.jp

展覧会会場に関するお問い合わせ
スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
TEL:03-3498-1171