NEWS

(カテゴリー)EXHIBITIONS

(ニュースのタイトル)継続することから生まれた新たな表現。九州・四国の作家9名の作家による展覧会を福岡にて

(更新日)2019年03月01日

(この記事について)

出展作家による公開制作、ギャラリートークでは五感で彼ら彼女らの表現を体感

KEIZOKU〜表現し続ける九州・四国のアーティストたち〜」を3月3日まで開催します。本展はタイトルの通り、長年に渡り同じ表現を続けている障害のあるアーティストの作品を九州・四国から集め、作品から溢れ出す表現力から、新たな価値を生み出します。
 アーティストたちの継続してきた「描く」「塗る」「貼る」「切る」「擦る」「捻る」「裂く」行為から生まれた表現作品はどれも圧巻です。突出した何かへの関心、興味、思い入れは、誰もがひとつは持っているもの。もしくはかつて持っていたけど大人になると人前では止められてしまったり、自粛したりするのでしょう。それを憚りなく「思う存分やっている」作品たちとお楽しみいただけます。


【出展者】
大峯直幸(福岡県)、簑田利博(福岡県)、岩永真実(佐賀県)、後藤春枝(大分県)、荒木聖憲(熊本県)、藤岡祐機(熊本県)、内田貴裕(高知県)、長田身延(高知県)、河野和真(徳島県)

【各支援センターの紹介パネル展示】
障がい者芸術文化活動普及支援センターSCORE(福岡県)、Saga Art Brut Network Center(佐賀県)、こみっとあーと(大分県)、障害者芸術文化活動支援センター@熊本(熊本県)、藁工ミュージアム(高知県)、徳島県障がい者芸術・文化活動支援センター(徳島県)、九州障害者アートサポートセンター(九州ブロック)
以上パベル展示

【関連イベント】
公開制作
開催日時:201932日(土)13:3016:00
出演作家:河野和真(徳島県)
開催日時:201933日(日)13:3016:00
出演作家:蓑田利博(福岡県)

ギャラリートーク
開催日:201932日(土)、33日(日)
時間:13:30〜、15:30〜(各日2回開催)


(写真について)河野和真
(写真について)内田貴裕
(写真について)長田身延
(写真について)藤岡祐機

インフォメーション

KEIZOKU〜表現し続ける九州・四国のアーティストたち〜
会期:2019227() 33()
時間:9:00〜18:00
入場無料
会場:久留米シティプラザ 展示室22F)(福岡県久留米市六ツ門町8-1

主催:九州障害者アートサポートセンター、NPO法人まる
助成:厚生労働省「平成30年度 障害者芸術文化活動普及支援事業」
協力:障がい者芸術文化活動普及支援センターSCORE、Saga Art Brut Network Center、こみっとあーと、障害者芸術文化活動支援センター@熊本、藁工ミュージアム、徳島県障がい者芸術・文化活動支援センター

お問合せ:九州障害者アートサポートセンター
TEL・FAX:092-516-0677
Eメール:info@kda-support.org
Webサイト:http://kda-support.org

ACCESS(会場)

[久留米シティプラザ] 日本、〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8−1

久留米シティプラザ
日本、〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8−1

関連記事