NEWS

(カテゴリー)映画

(ニュースのタイトル)第69回ベルリン国際映画祭で、パノラマ観客賞と国際アートシネマ連盟(CICAE)賞をW受賞した話題の映画「37セカンズ」

(更新日)2020年01月20日

(この記事について)

37秒間−それは、生まれてくるときに息をしていなかった時間

 生まれた時に、たった37秒間息をしていなかったことで、身体に障害が残ってしまった主人公・貴田ユマ。両親は小さい時に離婚し、一緒に暮らす母親はユマの世話をすることが生きがいでなぜか息苦しい毎日。親友で、少女コミックの漫画家のSAYAKAのゴーストライターをしています。ユマは、これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いていきます。その先で彼女を待ち受けていたものとは…

本作の監督・脚本のHIKARIは、18歳を目前に単身留学し、ジョージ・ルーカス、ロバート・ゼメキス、ロン・ハワードら映画監督を輩出した南カリフォルニア大学で学び、短編『Tsuyako』(2011)、『A Better Tomorrow』(2013)が世界で注目を集めた新鋭の映画監督。その初の長編映画作品が「37セカンズ」です。


69回 ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 パノラマ観客賞・CICAE(国際アートシネマ連盟)賞W受賞/GWFF Best First Feature Film Awardノミネーション
44回 湯布院映画祭 特別招待
18回 トライベッカ映画祭 ビューポイント部門 選出/正式招待(北米プレミア)
44回 トロント国際映画祭 コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門/TIFF ネクスト・ウェーブ部門(カナダプレミア)
63BFI ロンドン映画祭 正式招待(UKプレミア)
3回 エルグウナ映画祭 正式招待
32回 東京国際映画祭 ジャパン・ナウ 部門
11回 広島国際映画祭 特別招待
56回 台湾金馬映画祭 ウィンドウズ・トゥ・アジア部門
39回 ハワイ国際映画祭 コンペティション部門
14回 ローマ国際映画祭 フィーチャー・フィルム・コンペティション部門


(埋め込みコンテンツについて)


インフォメーション

2020年2月7日(金) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
37セカンズ」

監督・脚本:HIKARI
出演: 佳山明、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦、萩原みのり、宇野祥平、芋生悠、渋川清彦、奥野瑛太、石橋静河、尾美としのり/板谷由夏 
2019年/日本/115分/PG-12
原題:37 Seconds
配給:エレファントハウス、ラビットハウス
(C)37 Seconds filmpartners
挿入歌:「N.E.O.」CHAI<Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
http://37seconds.jp

ACCESS(会場)

[新宿ピカデリー] 日本、東京都新宿区新宿3丁目15−15 新宿ピカデリー

新宿ピカデリー
日本、東京都新宿区新宿3丁目15−15 新宿ピカデリー