NEWS

(カテゴリー)お知らせ

(ニュースのタイトル)バリアフリーやeラーニングプログラムを取り入れた映像コンテンツを公募

(更新日)2020年10月20日

(この記事について)
多様な人たちが多彩な芸術にアクセスでき、より多くの人々が文化的な生活を送れる社会の実現を目指して

文化庁と株式会社precogが取り組むバリアフリー型の動画配信プラットフォーム事業では、新型コロナウイルスで外出困難となった人たち、障害や疾患、育児や介護などを理由に劇場や展示鑑賞が困難な人たちに対しても開かれた、誰もが好きなときに好きな場所から芸術に親しめるオンライン上のアートセンターの実現を目指しています。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、パフォーミングアーツは劇場での上演を従来の規模・方法で発表することが難しい状態が続いた一方、オンライン配信ならではの新たな映像作品や芸術鑑賞体験が生まれました。同時に、東京オリンピック・パラリンピックの開催計画を機に高まったバリアフリー・ダイバーシティ化の機運も、大会開催延期を受け、中断や延期されている状況にあります。この社会的な背景を受け、劇場に行けなくても、障害があっても、日本語がわからなくても、誰もが、オンライン上に開かれた「シアター」にアクセスし、パフォーミングアーツ・映画・メディア芸術の新しい劇場体験ができるよう、当プラットフォーム立ち上げに賛同・参加する団体の募集を行います。


【募集概要】
バリアフリー対応やeラーニングの実施に取り組み、バリアフリー型の動画配信プラットフォーム「THATRE for ALL (仮称)」で公開する映像・作品・番組を公募いたします。

【対象となる分野】
パフォーミングアーツ・映画・メディア芸術
演劇・ダンス・日本舞踊・バレエ・ミュージカル・人形劇・大衆演劇・落語・歌舞伎などのパフォーミングアーツ、映画、メディアアートなど

【当事業で行う取り組み】
応募する映像・作品・番組が、新たに以下の(1)、または(1)(2)の両者に取り組むこと。

1)バリアフリー対応

視覚障害・聴覚障害・知的障害・発達障害・子ども・母語が日本語以外の方等を対象とし、以下の例などを参考に、最低ひとつ以上のバリアフリー対応をインクルーシブな視点で制作すること。


バリアフリー対応例

  • 字幕(聴覚障害者用日本語・英語、かんたんにほんご、英語やその他の言語)

  • 視覚障害者用音声ガイド(日本語・英語やその他の言語)
  • 日本語手話通訳
  • 国際手話通訳

  • そのほかインクルーシブな視点での情報保障など

2eラーニングの実施

作品に対する解説や、作品の理解を深めるための双方向型のレクチャー/ワークショップ等を行うこと。


eラーニングコンテンツ例

  • 事前解説映像(作家紹介・作品紹介・背景紹介等)

  • 双方向型ワークショップ(対話型ワークショップ、グラフィックレコーディングワークショップ等)
    *eラーニングプログラムについては、それぞれのコンテンツに対し(1)も満たすこと。

【公募対象となる映像コンテンツ】
. 名作・名画・名舞台などの映像(新規に制作された映像も含む)

  • 第1次応募締切:202011月4日(水)
  • 第2次応募締切:20201120日(金)

. 演出や創作プロセスにおいて、インクルーシブな視点を持って新たに制作する作品アクセシビリティが高く、観客に開かれている作品など

応募締切:202011月4日(水)

. アーティストや作品の製作風景、国内外の劇場やフェスティバルの取組などを追うドキュメンタリー番組 (新規に制作する番組のみ)

応募締切:202011月4日(水)

【事業実施期間】
2020年11月中旬頃~契約締結、映像制作 2021年初頭 映像公開
応募方法はこちらをご覧ください。


インフォメーション

文化庁「文化芸術収益力強化事業」
バリアフリー型の動画配信プラットフォーム事業

主催:文化庁、株式会社precog
パートナー企業:株式会社MOTION GALLERY、シティライツ法律事務所、Palabra株式会社

お問い合せ: 
文化庁『文化芸術収益力強化事業』バリアフリー型の動画配信プラットフォーム事業 事務局(株式会社precog
Eメール:apply.precog@gmail.com
ウェブサイト:https://awrd.com/award/tfa-project