NEWS

(カテゴリー)お知らせ

(ニュースのタイトル)岸田奈美・著『もうあかんわ日記』

(更新日)2021年07月14日

(この記事について)
岸田家で次々に起こる悲劇が、作家である長女・岸田奈美によって喜劇になっていく。ユーモアに溢れたweb日記が書籍化。

父は他界し、ダウン症の弟と車椅子で生活する母をもつ作家の岸田奈美さんによる書籍「もうあかんわ日記」。コロナ禍で次々に起こる家族や祖父母の不幸やトラブル。いよいよ「もうあかんわ」と思った岸田奈美が2021310日から415日までの37日間、毎日noteに書いた日記は100万ビューを越えた。

同情も憐憫もほしくない。
やるべきことも全部わかっているので、家に来て手伝ってほしいわけでもない。
ただ、笑ってほしい。
2021310日 岸田奈美noteより)

『もうあかんわ日記』目次

岸田奈美
作家/1991年生まれ、兵庫県神戸市出身、関西学院大学人間福祉学部社会起業学科2014年卒。 在学中に株式会社ミライロの創業メンバーとして加入、10年に渡り広報部長を務めたのち、作家として独立。 世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバルシェイパーズ。 Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2020」選出。 20209月初の自著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(小学館)を発売。


インフォメーション

書籍『もうあかんわ日記』

  • 著者:岸田奈美
  • 表紙イラスト:渡邉行夫
  • 出版社:ライツ社
  • 発行日:2021531

お問い合わせ:ライツ社

  • TEL:078-915-1818
  • FAX078-915-1819

ライツ社 ウェブページ