NEWS

(カテゴリー)映画

(ニュースのタイトル)ドキュメンタリー映画『帆花』

(更新日)2021年12月24日

(この記事について)

いま、この社会に私たちとともに在る「いのち」の物語

本文

生後、すぐに脳死に近い状態と宣告された帆花ちゃん。常に見守りが必要な帆花ちゃんとの生活は誰にでもできることではないですが、母親の理佐さん、父親の秀勝さんの2人にとってはあたりまえで、普通のこと。いろんな場所に出かけていき、絵本を読み聞かせ、お風呂に入れ、吸引をする……ありふれた日常の中で積み重なり、育まれていくもの。動かなくても、言葉を発しなくても、ふれあうことで通じあい、満ちていくもの。帆花ちゃんを愛しむ両親の姿から伝わる、我が子と一緒にいられる幸せ。
本作は、帆花ちゃん、理佐さん、秀勝さんの家族の時間に寄り添ったドキュメンタリー映画です。

©️JyaJya Films+noa film

©️JyaJya Films+noa film

©️JyaJya Films+noa film

©️JyaJya Films+noa film

2011年、映画学校の学生だった國友勇吾監督は理佐さんの著書「長期脳死の愛娘とのバラ色在宅生活 ほのさんのいのちを知って」と出合い、理佐さんの講演会に出向き、その場で企画書を手渡ししたことで、映画の制作が決まりました。國友監督は、帆花ちゃんの手の柔らかさとぬくもりの、生を実感して心が震えたといいます。
それから3年、3歳だった帆花ちゃんが小学校に入学するまでの間、國友監督は家族のすぐそばで、言葉にならずとも、カメラに映らずとも、ひとが生きていく上で大切なものを丁寧にみつめ続けました。


(埋め込みコンテンツについて) 『帆花』予告動画(1分56秒)

©️JyaJya Films+noa film


インフォメーション

202212日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
『帆花』

  • 監督・撮影:國友勇吾
  • 撮影:田崎絵美
  • 編集:秦岳志
  • 整音:川上拓也
  • 音楽:haruka nakamura
  • プロデューサー:島田隆一
  • 製作:JyaJya Films + roa fil
  • 配給:yaJya Films
  • 配給協力・宣伝:Regard
  • 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会
  • 2021年|日本|72分|DCP|ドキュメンタリー
  • ©JyaJya Films + roa film
  • 帆花 公式ウェブサイト

 

お問合せ:リガード

  • Eメール:info@regard-films.com