NEWS

(カテゴリー)お知らせ

(ニュースのタイトル)東京藝術大学『DOORプロジェクト』

(更新日)2022年01月26日

(この記事について)

社会人と藝大生が「アートと福祉」を一緒に学ぶ1年間の履修証明プログラム。2022年度6期生受講生募集中

本文

日比野克彦氏がディレクターを務める『Diversity on the Arts ProjectDOOR)』は、「アート×福祉」をテーマに、「多様な人々が共生できる社会」を支える人材を育成するプロジェクトです。アーティストや福祉の専門家、障害のある当事者など30名を超える講師陣を迎え、ワークショップメイキング、福祉施設でのリサーチや実習、アートプロジェクトへの参加など、多数の実践を通してアートと現代の福祉をより広い視点で捉え直す、体系的かつユニークなカリキュラムを展開していきます。
本プロジェクトでは、60時間の受講で東京藝術大学より履修証明書(文部科学省推奨履修証明制度適用)が授与されます。
「講義」×「演習」×e アーカイブラーニング」で自分に合った履修が選択でき、オンラインのみの受講でも履修証明書の取得が可能なため、全国どこからでも参加可能です。

授業風景

授業風景

DOORの卒業生は約300名にのぼり、様々なフィールドでの活動もはじまっています。

修了生の活動やインタビューはこちら


インフォメーション

2022年度 東京藝術大学 美術学部  履修証明プログラム
Diversity on the Arts ProjectDOOR6期生受講生募集

  • 募集期間:202216()215()消印有効)
  • 募集人数:100名(書類審査を実施する。)
  • 受講料 :220,000円(別途検定料9.800円)
  • 在籍期間:1年間(202241日~2023331日)

お問い合わせ:東京藝術大学 美術学部教務係

  • 住所:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8
  • TEL・FAX:050-5525-2122
  • Eメール:info-door@ml.geidai.ac.jp(休:水・木・祝)

Diversity on the Arts project公式ホームページ