NEWS

(カテゴリー)展覧会

(ニュースのタイトル)滋賀・ボーダレス・アートミュージアムNO-MAで企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」開催中

(更新日)2022年05月10日

(この記事について)

「反復」に「平和」を見る――「繰り返し」をテーマに7人の作家の表現を紹介

本文

「平穏無事」「やはり家が一番」「いつもの味」等々、わたしたちは、しばしば、世界が変わらずに繰り返されることと、心の安寧とを、同じように考えることがあります。しかしながら、実際には1日たりとも同じ日などないように、世界とは本来、常に変化を続ける時空間です。
馴染みの書店の閉店から、未曽有のパンデミックまで、変化は様々な形で表れ、わたしたちの日々を乱していきます。
そんな中にあって、わたしたちは同じことを繰り返すことへの志向を持ち、常同的世界の創造に、平穏な日々を支える足場の役割を与えようとします。

「反復」に「平和」を見る―
それはいったいいかなる人間的な行為なのでしょうか。
「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」展では「繰り返し」をテーマに7人の作家の表現を紹介しています。


出展作家

小林椋、佐々木早苗、篠原尚央、清水ちはる、鈴木かよ子、横山奈美、吉川秀昭


佐々木早苗《無題》2008−2009

横山奈美《forever》2022

小林椋《ヤシ煎る目を刈ろ》2020

吉川秀昭《目・目・鼻・口》2005−

鈴木かよ子《私》制作年不詳

清水ちはる[清水家内]2021

篠原尚央《カキカコ》2019


インフォメーション

反復と平和――日々、わたしを繰り返す

  • 会期:2022年4月29日(金・祝)~7月31日(日)
  • 時間:11:00~17:00 
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
  • 会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)(旧野間邸)
  • 観覧料:一般300円(250円) 高大生250円(200円)
    ※中学生以下無料、障害のある方と付添者1名無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
  • 主催:ボーダレス・アートミュージアムNO‐MA、社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~
  • 後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
  • 協力:浅間学園、近江八幡観光物産協会、クリーニングの相互 仲屋営業所、しみんふくし滋賀、社会就労センター あおぞら、やまなみ工房、るんびにい美術館
     

*新型コロナウイルスの感染状況により開催内容が変更される場合があります。直近の情報は主催者のサイトなどでご確認ください。

 

お問い合せ:ボーダレス・アートミュージアムNO‐MA 

ACCESS(会場)

[ボーダレスアートミュージアム NO-MA] 滋賀県近江八幡市永原町上16

ボーダレスアートミュージアム NO-MA
滋賀県近江八幡市永原町上16