NEWS

(カテゴリー)イベント

(ニュースのタイトル)鳥取のまちなかでアートと出合う「フクシ×アートWEEKs 2022」開催中

(更新日)2022年11月15日

フクシ×アート weeks 2022ロゴ画像
(この記事について)

鳥取市中心市街地の商店街に障害と共に生きる人々のアートが飛び出します。

作品展、フォーラム、映画上映、ワークショップなど盛りだくさんのイベントです。

本文

まちを歩きながら、アートに触れたり、映画を観たり、ワークショップに参加したり。楽しみながら、だれもが楽しく暮らせる社会について気軽に考えることができます。2019年から毎年開催されてきた「フクシ×アートWEEK」。今年は期間が拡大され、「WEEKs」になりました。秋の終わりに、散策をしながらいつもとは違う視点で世界を眺めてみてはいかがでしょうか。


映画上映&トークショー

先行上映会 映画『目の見えない白鳥さん、アートを見にいく』

「全盲の自分でも、アートを見ることはできるのかもしれない」。話題の書籍の映画版であり、「全盲の美術鑑賞者」白鳥建二さんを追った新作ドキュメンタリー映画の字幕版・音声ガイド版が特別に先行上映されます。

日時:1127日(日)

  • 日本語字幕版 開場10:00 上映10:30‐12:17 終了後舞台挨拶あり
  • 音声ガイド版 開場12:45 上映13:15‐15:02 終了後舞台挨拶あり

会場:鳥取県立博物館2階講堂
定員:各回100名(先着順)

鑑賞料:一般当日 1800 / 一般ネット割引 1500/ 障害者割引 1000円(当日・ネットいずれも)会場で障害者手帳等の提示をお願いします。*付き添い1名様まで同料金 / 学生割引 1000円(当日・ネットいずれも)会場で学生証などの提示をお願いします。*未就学児は無料
ネット申込はこちら Peatix

 *音声ガイド版は、視覚障害者用の音声ガイドが会場全体に流れます。主に視覚に障がいがある方、見えにくい方、また音声ガイドの世界を体験したい方向けです。

*本作品は「UDCast MOVIE」に対応しています。アプリをダウンロードした機器が必要となります。ご利用の方は事前にご準備ください。

トークショー『目の見えない白鳥さん、アートを見にいく』と一緒に考えるフクシ×アート

白鳥建二さん、監督の三好大輔さん、原案・共同監督の川内有緒さん、鳥取大学 准教授・ギャラリーコンパ主催スタッフの石田陽介さん、以上4名の方によるトークショーです。トークは手話通訳が行われ、後日「フクシ×アートWEEK実行委員会」YouTubeチャンネルで配信されます。トークショー終了後サイン会が行われます。

日時:20221127日(日)
           開場15:30 開催15:45‐16:45 1時間予定、質疑応答あり
会場:鳥取県立博物館2階講堂
定員:100名 事前予約制 先着順 当日受付あり
参加費:無料
ネット申込はこちら Peatix


5つの作品展

植嶋 大輔展「はみだす」

「フクシ×アートWEEKs 2022」のメインビジュアルであり、今年のWEEKsピックアップアーティストである植嶋大輔氏の作品展。

会期:20221029日(土)-1127日(日)10:00 – 18:00
会場:WEEKs 2022 特設ギャラリー(鳥取市職人町26
入場無料

鳥取まちなかウォーキングミュージアム

商店街のショーウィンドウや店舗内にアート作品が展示されます。商店街を歩きながら作品を眺めたり、これをきっかけに店舗に入ってみたり。作品を鑑賞しながら街歩きが楽しめます。

会期:20221029日(土)-1127日(日)
※開催時間は店舗ごとに異なります。
会場:鳥取市中心市街地商店街
参加施設:アートスペースからふる・十人十色・鹿野第二かちみ園

鳥取県はーとふるアートギャラリー合同展
「はーとをふるわせて 2」

障害と共に生きるアーティスト達の作品を気軽に鑑賞できる「鳥取県はーとふるアートギャラリー」のアート作品が一堂に展示されます。テーマは「2022年の推しアーティスト」。

会期:20221029日(土)-1113日(日)10:00 – 18:00
会場:ギャラリーからふる(鳥取市元町101 アートスペースからふる2F
入場無料
共催:鳥取県
認定ギャラリー運営団体:アートスペースからふる、もみの木福祉会、あかり広場、十人十色

アートクル展

教育や保育の場に障害のあるアーティストが出向き、子どもたちと一緒にアート体験を行う活動「アートクル」。奈良県で生まれたこの取り組みが、鳥取県でも行われています。今年参加した園児たちの作品を展示されます。

会期:20221115日(火)-1127日(日)10:00 – 18:00
会場:ギャラリーからふる(鳥取市元町101 アートスペースからふる2F
入場無料
協力:たんぽぽの家
参加施設:こども園かける

「WEEKのこれまで/WEEKsのこれから」展

2019年より毎年行われている「フクシ×アートWEEK」のこれまでの歩みと、「フクシ×アートWEEKs 2022」の概要がわかるパネル展示。過去に行われたWEBフォーラムの映像も上映されます。

会期:2022113日(木・祝)-1123日(水・祝)10:00 – 18:00 ※金曜日のみ19:00まで
会場:ギャラリー鳥たちのいえ 2F(鳥取市本町1丁目201
入場無料


連帯企画

あすなろ高等専修学校 3年生連携企画

クラーク高校3年生とアートスペースからふるが、WEEKsを盛り上げる制作に取り組みました。

・シャッターアート
場所:旧橋本呉服店(鳥取市職人町36

・オリジナルアート手ぬぐいフラッグ
場所:鳥取市中心市街地商店街

WEEKs×クラーク高校新聞
配布場所:展示会場など

会期:20221029日(土)-1127日(日)
観覧無料
協力:鶏鳴学園

ものがたる作品展

今年度、鳥取大学地域学部が開講した特別講座「アートで感じるインクルージョン・ダイバーシティ」。事業を通じて制作された作品たちが展示されます。

会期:2022113日(木・祝)-1123日(水・祝)10:00 – 18:00 金曜日のみ19:00まで
会場:ギャラリー鳥たちのいえ 1F(鳥取県鳥取市本町1丁目201
入場無料
主催:鳥取大学地域学部
企画・運営:アートで感じるインクルージョン・ダイバーシティ事務局(野口)


「"まち"の宝探しスタンプラリー」

「フクシ×アートWEEKs 2022」期間中に会場を巡って6種類のスタンプを集めていただくと、豪華賞品(抽選)をはじめとした景品が参加者全員にプレゼントされます。

  1. 「まちなかサテライトギャラリー」会場などでスタンプラリー台紙をゲット!
  2. 書いてあるヒントをもとに、まちを歩きながらスタンプを探しましょう
  3. スタンプを6つ集めたら、ギャラリーからふるで景品(からふるオリジナルグッズ)と交換。さらに、選ぶと抽選で当たる豪華賞品も!

※台紙がなくなり次第終了となります。


インフォメーション

開催期間:20221029日(土)-1127日(日)
会  場:鳥取市中心市街地商店街
主  催:フクシ×アートWEEK実行委員会(事務局:アートスペースからふる)
実行委員会:鳥取市、鳥取県、鳥取市商店街振興組合連合会、鳥取市中心市街地活性化協議会、十人十色、鹿野第二かちみ園 
特別協力:鳥取県教育委員会美術館整備局、鳥取県立美術館パートナーズ、あいサポート・アートセンター
協  賛:坂尾画材センター、鳥取市手をつなぐ育成会、鳥取商工会議所、鳥取信用金庫
協  力:鳥取大学地域価値創造研究教育機構、鶏鳴学園、一般財団法人たんぽぽの家

※新型コロナウイルスの感染状況により開催内容が変更される場合があります。直近の情報は主催者の公式サイト、公式SNSなどでご確認ください。

お問合せ:フクシ×アートWEEK実行委員会(アートスペースからふる内)
鳥取市元町101 TEL0857-35-0191 E-mailart.colourful.105@ncn-t.net

関連記事