NEWS

(カテゴリー)EVENTS

(ニュースのタイトル)ろう者と聴者が共につくる人形劇団が新作「河の童−かわのわっぱ−」を川崎市にて公演

(更新日)2018年2月1日

(この記事について)

みんなそれぞれ、見えている世界はバラバラだ。共生をテーマに、さまざまな違いを超えて共に創る舞台

 「すべての人に人形劇を」とのコンセプトで活動するデフ・パペットシアター・ひとみは、劇団名にもあるとおり、deaf(ろう者)と聴者が共に創作から公演活動まで行う人形劇団です。1980 年の立ち上げ以来、年齢や性別、母語、宗教の違いや身体のハンディを超えて、すべての人が共に楽しめる人形劇の創作・公演活動を続けてきました。劇団創立以来常に向き合ってきた「共生」をテーマに描きます。
 村はずれの井戸に棲む一匹の河童と村の人々とのドラマ。火野葦平 が書き溜めた34編の河童の物語「 河童曼陀羅 」をベースに、河童と人間との物語をダイナミックに描きます。完全には交じり合うことのない人間と河童との間には、時に切ない行き違い、さまざまなドラマを生みます。そのドラマを通じ、共生とは何かを見つめます。美しく響く理想の言葉「共生」ではなく、共に生きる世界は何かを問う作品です。


  脚本・演出は 立山 ひろみ。「表現の片鱗 でしかないコトバの不自由さ」という問題意識から、身体表現、音楽、映像などの要素を台詞 と等価値に位置付け、新たな表現に挑戦し続ける 気鋭 の演出家です。立山にとっては初の人形劇演出。フレッシュな視点で、人形だからできる表現の多彩さやドラマ性を生んでいます。
 人形美術は、陶芸をルーツにやさしさとポップさを合わせ持つ独自の世界感が注目される 本川東洋子 。さらに、日本を代表する人形劇団ひとみ座のアトリエチームが人形製作を担当。水神から人間に悪さを働く存在まで、見方や立場によって異なって描かれてきた河童の人形は、豊富なアイデアと高い技術力をもとに、動きや角度、観る人の想像によっていろいろなものに見える工夫を施しました。
 人形だけでなく人形遣い自身も生身の演技者として舞台上で表現する本作では、舞踏家の 麿赤兒 に師事し、現在は世界各地でオリジナル作品を発表し国際的評価を得る 向雲太郎 が振付を担当しています。「踊りとは何か? 新しい舞台表現とはどういうものか?」と問いながら挑み続け、物体である人形と人間の肉体との共生をステージ上で見事に実現させました。
 大胆かつユーモアある工夫いっぱいに国内外のさまざまな舞台作品を手掛ける舞台美術家の 大島広子 、多くのベテランアーティストからも信頼を得る音楽家の 佐藤望 といった、各分野の多彩な才能がこの作品に集結。対話やワークショップを重ね、互いの感性を生かし合いたどり着くことのできる、新たな舞台芸術の創造に挑んでいます。


あらすじ:
村はずれの井戸には河童が住んでいました。
河童は、コイやフナ、カニやカエル、ゲンゴロウとプカプカ泳いだり、子ども達と相撲とったりする、のんびりした毎日を過ごしています。
そんな河童とある少女の出会い。
河童の周りには、子どもたちの笑顔が溢れ、いつまでもそんな時間が続くと思っていたのにー。
村に干ばつが続いた年、村人たちはそれを河童のせいにします。
河童は井戸の底で考える。
人間たちの行動が分からない河童は、井戸の底で、身体中をかきむしりながら、一体どうしてこんなことが起こるのだろうと考えて……。

(写真について)

©️重森翔太


INFORMATION

【公演概要】
劇団名:デフ・パペットシアター・ひとみ
公演名:「河の童かわのわっぱ」川崎市公演
原作:火野葦平河童曼陀羅
脚本・演出:立山ひろみ

日程:2018222日(木)~25日(日)
会場:ソリッドスクエア B1ホール(神奈川県川崎市幸区堀川町580)川崎駅より徒歩6
前売料金:大人3,000円 学生(大高中生)2,500円 小学生以下2,000
当日料金:各300円増
*未就学児のお膝の上での鑑賞は無料
*デフパペ友の会会員300円引・ひとみ座倶楽部会員一割引
*全席自由

チケットお申込み:
・チケットぴあ https://t.pia.jp  Pコード 482-322
・イープラス  http://eplus.jp
・Peatix  https://peatix.com/event/305585
・(公財)現代人形劇センター ticket@puppet.or.jp  TEL. 044-777-2228

主催:公益財団法人現代人形劇センター デフ・パペットシアター・ひとみ川崎市公演を観る会
共催:川崎市
後援:神奈川県教育委員会/川崎市教育委員会/(公財)川崎市文化財団/(一財)全日本ろうあ連盟/(社福)神奈川県社会福祉協議会/(社福)川崎市社会福祉協議会/(社福)神奈川県聴覚者総合福祉協会、神奈川県聴覚障害者福祉センター、川崎市聴覚障害者情報文化センター/NPO 法人川崎市ろう者協会/NPO 法人日本ウニマ(国際人形劇連盟日本センター)/神奈川県聴覚障害者連盟、(公社)神奈川県聴覚障害者協会
協力:(株)伝わるラボ、NPO 法人サポートひろがり/日本聴覚障害者心理協会/手話同好会のぞみ/神奈川大学手話サークル 303/アプライドシアター研究所、ドラマエデュケーションカンパニー/あらら企画
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
協賛:パイオニア(株)/(有)フジオート/(一社)日本補聴器工業会/(株)UD ジャパン
寄付:(公財)カメイ社会教育振興財団(仙台市)

お問い合せ:
公益財団法人現代人形劇センター内デフ・パペットシアター・ひとみ
211-0035 神奈川県川崎市中原区井田3-10-31
TEL:044-777-2228 FAX044-777-3570
E-mail:deaf_hp@puppet.or.jp

公演公式サイト http://www.puppet.or.jp/deaf2018/
公演Facebookページ https://www.facebook.com/kawanowappakawasaki/
劇団公式サイト http://www.puppet.or.jp
劇団公式ツイッター https://twitter.com/DEAF_PUPPET
劇団公式Facebookページ https://www.facebook.com/deafpuppet

ACCESS(会場)

[ソリッドスクエア] 神奈川県川崎市幸区堀川町580

ソリッドスクエア
神奈川県川崎市幸区堀川町580