NEWS

(カテゴリー)EXHIBITIONS

(カテゴリー)EVENTS

(ニュースのタイトル)音響家・音楽家の荒木優光が老人福祉センター〈寿楽荘〉と出合い、作品を制作・発表

(更新日)2018年3月7日

(写真について)Photo: Naoto Kita

(この記事について)

中庭に太陽が降り注ぐ〈寿楽荘〉(さいたま市)で、日常の音声や音源を収集したインスタレーション作品を発表。一日限りの音楽イベントも

 録音した街の音や人の声を素材に、ギャラリーや劇場など様々な場所で音源を再構成し“音の展示”や“音の上演”を行う作家・ 荒木優光 が、地域の高齢者が通う老人福祉センター〈寿楽荘〉でのリサーチやインタビューを元に、作品展示と〈寿楽荘〉での音楽イベントを開催します。
 今回の展覧会「RECOLLECTION 36°×139° 寿楽荘その1日の誕生」では、〈寿楽荘〉に訪れるお年寄りの日常にアプローチしたインタビューなど、施設でのリサーチで得た音声や音源をもとに、音と映像を用いた空間展示(インスタレーション)を行います。また、〈寿楽荘〉を舞台にしたイベント「寿楽荘だよ全員集合」では、普段の利用者や近隣の方、一般の方がお客様になり、荒木優光がプロデュースする一日だけの音楽イベントが開催されます。

(写真について)

Photo: Naoto Kita


荒木優光
1981年山形県生まれ。京都在住。京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科卒業。アーティスト、音響・音楽家。サウンドドキュメンタリーやフィールドレコーディングなど、聴取の体験として音の在り方/所在を探り、「再生」をテーマとした音の作業を劇場上演や展示、音源作品など形式に留まらず活動する。主な作品に、《sunroof〈代理シャウトのオーディオシステム〉》(2015)、音響上演作品《パブリックアドレス – 音場2》(2014)、《Acoustic Device 騒音のための5楽章》(2016)など。劇場上演実験《showing》の企画・運営や、記録にまつわる作業集団ARCHIVES PAYディレクター、バンドNEW MANUKEのメンバーとしても活動。
http://masamitsu-araki.tumblr.com

(写真について)

「横断の調べ 福島の海岸へ釣りに行った男」2012年(主催:フェスティバル/トーキョー、マレビトの会) Photo by Yuichiro Tamura


展覧会「RECOLLECTION 36°×139° 寿楽荘その1日の誕生」
会期:2018310日(土)〜12日(月)
時間:10:00-18:00(入場は17:30まで)
会場:浦和ふれあい館 第1会議室(さいたま市浦和区常盤9-30-2
JR京浜東北線「北浦和」駅西口から徒歩5
*3日間の会期中は〈寿楽荘〉でも作品の一部をご覧いただけます(10:00-16:00)
入場無料

大演芸大会「寿楽荘だよ全員集合」
日にち:2018310日(土)
時間:11:00-15:30
会場:〈寿楽荘〉(さいたま市桜区下大久保727-1
JR京浜東北線「北浦和」駅、JR埼京線「南与野」駅から「埼玉大学」行きのバスに乗車(北浦和駅からバス約20分/南与野駅からバス約10分)。「埼玉大学」正門バス停から徒歩 7分。
入場無料/途中出入自由/予約不要
ゲスト:
テンテンコ(ミニライブ)
港大尋とカルテットの仲間たち(パフォーマンス)
人見由夫(音模写)ほか多数。
*寿楽荘にて、利用者による恒例カラオケ大会と多彩なゲストによる音楽イベント。

展示やイベントの詳細はFacebookページよりご確認ください。
https://www.facebook.com/onsite.araki.jurakuso/


INFORMATION

アーティスト・オン・サイト2017/ARTIST ON SITE
―アーティストが現場・地域・コミュニティで創作するアートプロジェクト―
参加アーティスト:荒木優光(音響家・音楽家)
サイト先:〈寿楽荘〉(さいたま市社会福祉事業団/さいたま市桜区)
主催:さいたま市
協力:社会福祉法人さいたま市社会福祉事業団
企画制作:公益財団法人さいたま市文化振興事業団
お問い合せ先:公益財団法人さいたま市文化振興事業団(SaCLaインフォメーションセンター)
埼玉県さいたま市南区根岸1-7-1(文化センター内)TEL : 048-866-4600 FAX : 048-837-2572

「さいたまトリエンナーレ2016」をきっかけに始まった、さいたま市を舞台にしたアートプロジェクト「アーティスト・オン・サイト」。アーティストとまちの様々な場所・現場(サイト=site)をつなぐプロジェクトとして、2016年には、市内2カ所の障害者福祉施設で、ワークショップと作品制作を行いました。
本プログラムでは、さいたま市にある企業・教育機関・福祉施設といった団体、施設、事業所など、アーティストの持つ創造力や新たな刺激・価値を求めている「サイト」と、それらのサイトならではの作品創作に取り組むアーティストの発想を組み合わせ、アーティストにとっても、「サイト」にとっても、新しい価値や視点、活動を生み出すことを目指しています。

ACCESS(会場)

[浦和ふれあい館] さいたま市浦和区常盤9-30-2

浦和ふれあい館
さいたま市浦和区常盤9-30-2

[寿楽荘] さいたま市桜区下大久保727-1

寿楽荘
さいたま市桜区下大久保727-1