PROJECTS

(カテゴリー) パフォーミングアーツ

(タイトル)鑑賞サポートプログラム

(この記事について)

誰もが舞台鑑賞を楽しめる会場作りを目指してライブ字幕の実用化を研究するプログラム

CREDIT

[文・構成]  日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS

今後のイベントなどで、最先端の鑑賞支援・情報保障によるサポートを実現するため、鑑賞サポート研究・開発プログラムに取り組みました。2017年度は、舞台芸術における多言語対応字幕をテーマに有識者や専門家、聴覚障害のある当事者を交えた研究会を立ち上げ、実際の公演で日英ライブ字幕を実施するなど、実践と改善を繰り返す中から実用可能なシステム構築を目指した検証を行いました。


研究会メンバー
河野純大(筑波技術大学 准教授)
鈴木京子(国際障害者交流センター ビッグ・アイ)
廣川麻子(シアター・アクセシビリティ・ネットワーク理事長)
南部充央(株式会社リアライズ)
渡辺彩乃(筑波技術大学卒業生)

オブザーバー
塚原沙和(SLOW LABEL)


インフォメーション

活動実績
第1回 多言語字幕研究会
日時:2017年10月14日(土)10:30-12:30
場所:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS事務所(千代田区)

第2回 多言語字幕研究会(実践編)
日時:2017年11月26日(日)
場所:国際障害者交流センター ビッグ・アイ(堺市南区茶山台1丁目8-1

第3回 多言語字幕研究会
日時:2017年12月23日(土)10:30-12:30
場所:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS事務所(千代田区)

第4回 多言語字幕研究会(実践編)
日時:2018年2月4日(日)
場所:スパイラルホール(港区南青山5丁目6-23

第5回 多言語字幕研究会
日時:2018年3月11日(日)10:30-12:30
場所:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS事務所(千代田区)

この件についてのお問合せ
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
パフォーミングアーツグループ
Eメール:info@diversity-in-the-arts.jp
101-0051 東京都千代田区神田神保町1-6 神保町サンビルディング4

2017年のプロジェクト