STORIES

(カテゴリー)ARTISTS

(タイトル)前田泰宏

(この記事について)

大阪・東淀川の〈社会福祉法人ノーマライゼーション協会  西淡路希望の家〉美術部。そこに所属する前田泰宏さんは不思議な風景画を描く。まるで世界はひとつじゃないと伝えているようだ。

(更新日)2018年10月13日

CREDIT

[写真]  高橋マナミ

[文]  中村悠介

写真には写らない風景画

490回目の美術部です! よろしくお願いします!」。元気よく男性が入ってきた。ここは〈西淡路希望の家〉の美術部、彼は部員の前田泰宏さんだ。490回というのはこれまでの部活動の通算日数だそう。美術部のスタッフ金武啓子さんいわく「仕事をしているときも、今は何枚目の袋詰めとか頭で考えながらやっているみたいです」。

(写真について)

乾燥し割れるのを防ぐためアクリル絵具にたっぷりの木工ボンドを混ぜる。

前田さんは、昼間〈西淡路希望の家〉で仕事をし(この日はチョコレートの箱の組み立てをされていた)、水曜日の16時半と土曜の10時、“いつもぴったり”部室に現れ、制作を開始する。この日、他の部員たちがCMソングなどを口ずさんだり、各々自由形の制作を謳歌する中、ひとり部室の隅に立てたイーゼルに向かう前田さん。最初の挨拶以降は黙々と、だがそれはいつものことで、このまま「ずっと休憩せず」のスタイルだという。

(写真について)

刺子のエプロンは前田さん自作のものだそう。

前田さんが描く作品は主にアクリル絵具による風景画で、この日は神戸の王子動物園のフラミンゴがいる池、を描いていた。キャンバスと左手に持った写真をまるで細かい図面と照らし合わせるように凝視している。といえば、どれだけ写実的なのかといえばまったくそうではない。むしろ写真には写らない美しさを、写真を見ることで確認しているような気さえしてくる。

「前田さんはカメラが好きで、旅先などで撮った気に入った写真をキャンバスに合わせてトリミングして描くんですね。でも私たちの見えている風景と違うというか。私たちが描かないというか、見えていない風景を描く。そこは不思議ですね」と金武さん。

(写真について)

神戸・王子公園のフラミンゴを細かく観察。前田さんは写真を撮ることも好き。


やりがいがあります、やりがいがあります

前田さんに尋ねてみると「風景とかを写真を見て描いてます」と早口で答えてくれた。平面で見ると抽象的な切り絵のようにも見える、この独自の視点をどうやって獲得したのだろう。気になるところだがそれ以上は話しかけられないオーラが。かなり繊細な手つきで作業は進んでいく。絵筆からひとつひとつの色を丁寧にドロップしている。その所作を眺めていると金武さんの「とにかく普段から真面目な」という言葉にはうなづけるし、きれいに履き込まれたニューバランスも彼のきっちりとした性格を表しているようでもある。美術部では最初の2年間、毎回ゼロからの制作で、続きを描くことができなかったそうだが現在はそうではなく、すでに前田流の世界認識の方法を確固たるものにしている。

「小さい頃に習っていた油絵の描き方がベースとなっているみたいですが、あまりに作品がすごいので、美術部の時間だけでなく日中も描いてみます?と聞いてみたら、昼間は仕事します!って。絵を描くことは余暇という感じで仕事ときちんと分けているみたいです。働きたい気持ちも強いみたいです。毎日描いてもいいんじゃないかなとも思うんですけどね」

(写真について)

昼間は和気あいあいとみんなで作業。この日はチョコレートの箱作り。

終わりの時間が近付くと入念に手を洗い、片付けを始めた前田さん。そしてみんなと一緒にみたらし団子を一本食べて、490回目の美術部は終了。最後にこの部活のことを聞くと「やりがいがあります、やりがいがあります」と早口で答えてくれた。


PROFILE関連人物

前田泰宏さんの顔写真

前田泰宏

(英語表記)Yasuhiro Maeda

(前田泰宏さんのプロフィール)

1970年生まれ。〈西淡路希望の家〉美術部、2003年の創設時からのメンバー。これまで〈西淡路希望の家〉のグループ展等に参加しているほか、ポコラーと全国公募展のvol.4、vol.5、vol.6で入選。近年では、京都で開催されたcapacious展、高雄やブリュッセルのアートフェアにも参加した。

(前田泰宏さんの関連サイト)

関連記事