STORIES

(カテゴリー)ARTISTS

(タイトル)栗原勝之

(この記事について)

黒いペン1本で、一枚の絵のなかに次々と描き出される仏像。手本にする写真の仏像は厳かな表情だったのに、栗原勝之さんが描く仏像は躍動感があって表情豊かで、それぞれ性格も違って見えるのがおもしろい。

(更新日)2020年01月27日

CREDIT

[写真]  高橋宗正

[文]  石井妙子

緻密に大胆に描く、モノクロの仏像ワールド。

(写真について)ペン5本分を費やし、濃密に描き込んだ作品。「三十三間堂」/顔料ペン/770×540mm/2018年
(写真について)「花見」/油性ペン/770×540mm/2018年
(写真について)「仏像シリーズ1」/顔料ペン/400×550mm/2018年
(写真について)「仏像シリーズ2」/顔料ペン/400×550mm/2018年

かたわらの仏像写真をじっと見つめ、迷いなく白い紙に描きとっていく。使うのは黒いペン1本。何度も写真に目をやりながら幾重にも線を重ねるうち、1枚の紙を表情豊かな阿弥陀如来像や地蔵像が大胆に埋め尽くしていった。

障害者支援施設たてしなホームで絵や陶芸を制作する工芸班に所属する、栗原勝之さん。長年創作活動を続けてきたが、ここ2年ほど専念しているのが仏像の絵と陶芸作品だ。

「きっかけは仏像の図鑑です。絵のモチーフ用に用意した資料の中でもその図鑑をじっと見ていたので、『描いてみますか?』と聞いたら『描く、描く』と。栗原さんが好きな仏像を自由に組み合わせて、一枚の絵に描いています」

(写真について)1枚の絵のなかに、さまざまな仏像を独自のバランスで組み合わせて描く。

そう話すのは、施設職員の小野道佳(みちよし)さん。陶芸作家としても活動する小野さんは、栗原さんの制作を支えるよき理解者でありパートナーだ。

たとえば画材選び。最初のころ栗原さんは、使い慣れたマジック「マッキー」で仏像を描いていた。けれどそれでは仏像特有のディテールまで描けず、手を止めたり混乱した表情を見せたりすることもあったという。そこで小野さんが細いペンを用意すると、以前より写真をよく見て、細部まで書き込む現在のスタイルが生まれた。ランダムな線の重なりは緻密ながらダイナミックで、細部までじっくり見入ってしまう。

(写真について)ペン運びは速く柔らかく、白い紙がみるみる埋まっていく。約1週間で一枚の絵を完成させる。

「細かい模様の仏像を描くときは線幅0.3mmや0.1mm、大きめの仏像のときは0.7mmや1mmのペンを渡しています。紙も最初はカレンダーの裏なんかに描いていたんですが、水彩画用紙を用意して。作品には一切口を出しませんが、どうすれば本人の才能を一番発揮できるか、環境だけは整えるようにしています」

初めて栗原さんの作品に出合ったとき、「多くの人に見てほしい」と強く感じたという小野さん。展覧会への出展、施設や役所に飾る作品制作などを通して、栗原さんの作品を広めている。その甲斐あって、「ザワメキアート展2016」「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」では入選を果たした。

「仏像を描き始めてから、今まで見たことのない作品に周囲もびっくりしています。お父さんも、入選をとても喜んでくれました。個人的にも、栗原さんが頑張れるものを見つけてほしい。人から認められるのは、やっぱりうれしいじゃないですか」

一度描き始めると手を止めず、ひたすら集中する。自分でストップすることができないため、だんだん線を持て余し始めたところを見計って小野さんが声をかけ、作品が完成する。陶芸で仏像の立体作品も作るが、釉薬をかけたり窯で焼いたりするのは小野さんが担当。まさに息の合った相棒だ。

(写真について)阿修羅像をモチーフに、工芸班の別のメンバーが作った台座と組み合わせたコラボレーション作品。

「栗原さんはなんでもできるから、僕もどんどん新しいことを提案しちゃうんです。今構想を練っているのは、1本のロール和紙を栗原さんの絵で埋め尽くす巻き絵の作品。細部までとことん追求する彼の特色が生かせれば、大作ができるかもしれない」

普段から寡黙で、取材チームにも少し緊張した様子の栗原さんだったが、小野さんとは呼吸ぴったり。かのゴッホの創作を最大の理解者だった弟テオが支えたように、小野さんの存在が栗原さんの創作の可能性も、作る喜びも広げているのだろう。そう思うと、なんだか温かな気持ちになった。


PROFILE関連人物

栗原勝之さんの顔写真

栗原勝之

(英語表記)KURIHARA Katsuyuki

(栗原勝之さんのプロフィール)

1970年東京生まれ、長野県北佐久郡立科町在住。約30年前から「たてしなホーム」で暮らしながら主に絵の創作活動を行う。2014年、施設職員に加わった小野道佳さんとの出会いを機に陶芸の制作も開始。2018年からは仏像の絵と陶芸作品にほぼ専念している。「信州ザワメキアート展2016」「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」入選。幼いころからゲーム好きで、大好きなマリオシリーズの腕前は相当のもの。

関連記事