PROJECTS

(カテゴリー) パフォーミングアーツ / ワークショップ / イベント

(タイトル)True Colors Festival - 超ダイバーシティ芸術祭 -

(この記事について)

パフォーミングアーツを通じ、誰もが居心地の良い社会の実現を目指す世界でも類をみないフェスティバル

CREDIT

[文・構成]  日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS

「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭 -世界はいろいろだから面白い- 」は、創り手と観客が体験を共有できるパフォーミングアーツを通じ、約1年間で障害・性・世代・言語・国籍などの違いを楽しむ接点(場)をつくり、誰もが居心地の良い社会の実現を目指す世界でも類をみない試みです。
2019年はダンスとリズム・ミュージックの2本を開催しました。

 


True Colors Festival 第1弾
True Colors DANCE ~No Limits~

(写真について)©︎冨田了平

ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジアなど多国籍のメンバーで構成された障害のある人によるブレイクダンスチーム「ILL-Abilities」が自分たちの身体を活かしたパフォーマンス性の高いダンスを披露。

出演:ILL-Abilities、
The FloorriorzBboy ShigekixBgirl RamBboy TaisukeSOCIAL WORKEEERZLJ BREAKERSfrom LOVE JUNX
ワークショップ講師:UNO/NOPPO(s**t kingz)
司会:KITEChigusa
ゲスト解説:Bboy Katsu1
DJ:DJ MAR SKI
手話通訳:はしもといちろう、小松智美


ILL-Abilities
2007年にモントリオールを拠点にするダンサー/モチベーショナル・スピーカーのルカ・レイジーレッグス・パトエリが「不可能なことはない」というメッセージを広く伝えるために設立。8人のBボーイ、ブレイクダンサーからなる「インターナショナル・ブレイクダンス・クルー」。「イル」の部分はネガティブな言葉をポジティブに転用するヒップホップの文化では、「信じられない」、「素晴らしい」、「繊細」、「センスがある」などの意味がある。このクルーは「障害」のネガティブな側面や限界を強調するのではなく、ポジティブでかっこいいチームを目指している。今回の来日メンバーは、ルカ “Lazylegz” パトエリ(カナダ)、レドゥアンRedo” アイト・チット(オランダ)、セルジオ “Checho” カルヴァハル(チリ)、ジュン・ソウ “Krops” リー(韓国)、サミュエルSamukaリマ(ブラジル)、ジェイコブKujo” ライオンズ(U.S.A)、ルーカスPerninha” マシャド(ブラジル)の7人。


True Colors Festival公式ドキュメンタリー

(埋め込みコンテンツについて)

(埋め込みコンテンツについて)

(埋め込みコンテンツについて)

ワークショップのレポート記事はこちら
交流プログラムのレポート記事はこちら
公演のレポート記事はこちら

True Colors DANCE ~No Limits~

日時:2019年9月10日(火)14:00-16:30/17:00-18:00
会場:渋谷ストリーム前 稲荷橋広場(渋谷区渋谷三丁目21番3号

総合演出:株式会社 ODORIBA
制作:東急メディア・コミュニケーションズ株式会社
広報:株式会社 サニーサイドアップ
字幕制作:株式会社NHKグローバルメディアサービス
プロダクション・アシスタント:佐川健之輔

主催:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
後援:渋谷区、一般財団法人 渋谷区観光協会、カナダ大使館
協力:100BANCH、法務省矯正局

https://truecolors2020.jp/program/dance/


True Colors Festival 第2弾
True Colors BEATS ~Uncountable Beats Festival~

(写真について)©︎佐竹邦彦

日本にはたくさんの国から移り住んできた人が暮らしていて、それぞれのコミュニティを作っていたり、個人で生活をしていたりします。育った環境により日本語以外にも様々な言葉が使われており、全員にとっての共通の言葉はありません。年齢、国籍、障害の有無を問わず、様々なワークショップ参加者がゲストアーティストと共に、かんたんな言葉と身振り手振りをもとにリズムを奏でることで交流し、新しい音楽を作りました。

*台風20号の接近に伴う大雨の影響により、代々木公園野外ステージでの開催を中止し、日本財団ビルでのコンサート部分の公開撮影および動画配信を行いました。

ゲストアーティスト:
ermhoixiangyu岩崎なおみ、大友良英角銅真実勝井祐二、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、高良久美子芳垣安洋、フアナ・モリーナ、ミロ・モージャ
ゲストバンド:YAKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ×オオルタイチ)、Monaural mini plug
ゲストDJ:岸野雄一

似顔絵:堀道広、しまおまほ、霊界似顔絵師 みなと、後藤友香
フード&ドリンク:伝統茶{tabel}bread beerBEERfulWIRED SHIBUYA


サンティアゴ・バスケス
1972年生まれ、ブエノスアイレス出身。アルゼンチンを代表する打楽器ほか多様な楽器の演奏者、作曲家、指揮者、文化イベントの仕掛け人。ハンド・サインにより複数の演奏者による即興演奏を可能とする「Rhythm with Signs」のメソッドを開発。2019年4月にブエノスアイレス市から文化功労者と認定された。

(写真について)©️佐竹邦彦

True Colors Festival公式ドキュメンタリー

(埋め込みコンテンツについて)

(埋め込みコンテンツについて)

(埋め込みコンテンツについて)

(埋め込みコンテンツについて)

レポート記事はこちら

True Colors BEATS ~Uncountable Beats Festival~

日時:2019年10月22日(火・祝)12:00-18:00
会場:日本財団ビル(港区赤坂1丁目22号)
*台風20号の接近に伴う大雨の影響により、代々木公園野外ステージでの開催を中止し、日本財団ビルでのコンサート部分の公開撮影および動画配信を行いました。

催:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
後援:渋谷区、一般財団法人 渋谷区観光協会、アルゼンチン共和国大使館
協力:100BANCH

https://truecolors2020.jp/program/beats/


インフォメーション

「True Colors Festival -超ダイバーシティ芸術祭-」

主催;日本財団
共催:日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
特別協賛:東急グループ、TikTok
協賛:FacebookTwitter Japan 株式会社、ヤフー株式会社、CINRA.NET、タイムアウト東京、渋谷キューズ、パイオニア株式会社
後援:渋谷区、日本障害フォーラム
字幕協力:株式会社NHKグローバルメディアサービス

https://truecolors2020.jp

2019年のプロジェクト