STORIES

(カテゴリー)ARTISTS

(タイトル)古谷秀男

(この記事について)

朝5時、起床。まずは砂糖をたっぷりと入れた甘いコーヒーを一杯飲んで気分を上げたら、準備完了。今日も古谷さんは粛々と絵を描く。

(更新日)2018年3月9日

CREDIT

[写真・映像]  森本菜穂子

[文]  水島七恵

(写真について)

Photo: Keizo Kioku
©️Able Art Company

ブラジルで見た風景と夢

ここは障害者支援施設、〈大和高原太陽の家〉(以下、〈太陽の家〉)。まだ人もまばらな食堂のテーブルの上に、画材道具と資料を広げたら、そこが古谷秀男さんのアトリエだ。八つ切りサイズの画用紙の上に、スッと鉛筆を走らせる。

(写真について)

体や心、考えることにハンディーを持った人たちが、働いて共に生活する〈太陽の家〉は、絵画作品の制作や音楽プログラムなどの創作活動を積極的に行っている。

「どっしりとした大木に穴が空いていて、その穴の中にまた違った世界が存在していて……。古谷さんの絵の世界観を見ていると、たとえばアマゾンのシャーマンとか、ときどきそういう何かが乗り移って描いたんじゃないかなって思うことがあるんです」。

〈太陽の家〉の職員で、古谷さんの創作活動を支えてきた山浦庸平さんが言うように、古谷さんの描く絵は、未知の世界へと私たちの想像力をジャンプさせる遊びと強さがある。

(写真について)

©️Able Art Company

(埋め込みコンテンツについて)

絵を描くのは、早朝と夕食後の1時間。古谷さんは昨年、青山「スパイラル」で行われた、日本財団DIVERSITY IN THE ARTYS企画展 「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」の出展作家でもある。

「幼い頃、古谷さんは開拓移民として家族でブラジルに渡ったんですね。百姓をして暮らしていたらしいんですが、すごく重労働で苦労も多かったようです。そんな背景もあって古谷さんの絵は、その当時ブラジルで見た風景がベースにありつつ、そこに夢や心象風景が混ざり合いながら描かれています」。

ブラジルには30年以上暮らしていた古谷さん。その後、日本へ帰国し、料理屋で働く古谷さんの身に、ある日、襲いかかったのが脳梗塞だった。現在も後遺症として右半身に麻痺が残っていて、思うように言葉が出にくい。

(写真について)

日本から船で遠く、ブラジルへ渡った時の記憶を彷彿とさせる古谷さんの絵。

(写真について)

©️Able Art Company

(写真について)

©️Able Art Company

(写真について)

Photo: Keizo Kioku

「〈太陽の家〉に入所した当初の古谷さんは、今では考えられないくらい精神的に不安定で荒れていたようです。そんな古谷さんを見て、創作活動にも造詣が深かった当時のスタッフが、画材を用意して絵を描くことを勧めたようです。そしたらこの通り、すごく味のある絵を描き上げた。それでうちの施設長の大久保が、〈社会福祉法人わたぼうしの会〉の成田施設長に“こんな才能のある絵を描く人がいるんだけど、これを生かすことはできないだろうか”と相談を持ちかけたのがきっかけで〈エイブルアート・カンパニー01の登録作家になったんです。2008年の頃ですね。以降、ずっと絵を描き続けています。僕は2011年に〈太陽の家〉の職員になって、前任者から担当を引き継いで、現在古谷さんの創作活動のサポートをさせてもらっていますが、絵を描くこと、自分の作品がいろんな人の目に触れることは、確実に古谷さんの生きる糧になっていると思います」。

(写真について)

カラフルな色をしたペンなど、画材は山浦さんが準備する。動植物を描くときは、図鑑などを見ながら古谷さんはイメージを膨らませる。

(写真について)

パーカッショニストでもある山浦さんは、<太陽の家>メンバーと、施設で不定期ながら即興的な音楽セッションを行なっている。なかでも古谷さんはハーモニカが得意で、昼下がりには施設の駐車場で吹く姿を目撃できるらしい。

描いている時間にすべてを込める。その反動なのか、古谷さんは出来上がった自分の作品には執着することがない。ゆえに、いつの間にか人に原画をプレゼントしまうこともあるらしく、その度に山浦さんは少し慌てる。

「せっかくの傑作はやっぱり作品として世の中に発信したいなっていう思いがあるじゃないですか。だからいつも古谷さんには“人にあげる前に一度相談してな”って言っているんですけど、気づいたら主治医の先生とか、いろんな人に原画をあげているんです。古谷さん、聞いてる?(笑)。相談してな」。

山浦さんのお願いを、控えめな笑顔で応える古谷さんが、ぽつりと言った。

「みんなが大事にしてくれるから」。

(写真について)

山浦さん(写真左)と古谷さんは、ときどき洋服を買いに街へ一緒に出かけたりもするほど仲が良い。

(写真について)

施設の食堂は昼の時間ともなると、様々な人で賑わう。ここで日々絵を描く古谷さんの姿は、皆にとっても日常の一部。

チャーミングで、でもどこか毒もある。陰と陽、ふたつのエネルギーにあふれた古谷さん絵を眺めていると、まるで現実のなかに突如としてひらく裂け目をのぞきこむような感覚があって、どきどきする。古谷さんの頭の中は、一体どうなっているのだろうか。ふと想像していると「これ、どうぞ」と、古谷さんからまさかの一言。貴重な作品を、私たち取材陣にプレゼントしようとしてくれたのだ。興奮しつつも、ぐっとこらえる。やっぱり古谷さんの絵は、誰かが独占する前に、いろんな人に見て欲しいと強く思うから。そのとき山浦さんの慌てる気持ちが、少しだけわかったような気がした。

(写真について)

Photo: Keizo Kioku
©️Able Art Company


KEYWORDS(記事中の言葉)

01:エイブルアート・カンパニー

障害のある人がアートを仕事にできる環境をつくることを目的に、2007年に設立。障害のある人のアート(主に絵画・イラスト・書など)を、広告や商品のデザインに使用することを仲介し仕事につなげている。一般財団法人〈たんぽぽの家〉を本部として、NPO法人エイブルアート・ジャパン(東京・宮城)、NPO法人まる(福岡)の三者が連携し、共同で事業を行う。現在登録作家は100人以上、登録作品は1万点以上にも及ぶ。
http://www.ableartcom.jp/top.php

PROFILE関連人物

古谷秀男さんの顔写真

古谷秀男

(英語表記)Hideo Furutani

(古谷秀男さんのプロフィール)

1941年生まれ。奈良県在住。開拓移民として、16歳から48歳までブラジルで暮らす。1989年に日本に戻り、1997年より奈良県山添村にある<大和高原太陽の家>に所属。2005年頃から、ブラジル時代の記憶をもとに、眺めてきた風景、農場での生活、また空想の世界を絵で表現する。現在、エイブル・アート・カンパニー登録作家でもある。

関連記事